2011年11月25日

ドイツのLEDメーカーが開発した全く新しいLED電球

 白熱電灯に代わるLEDライトが注目されていますが、ドイツのLEDメーカーLedoが開発して電球は白熱電灯にとって代わるだけでなく、デザインも一新の新世代のライトです。
 Classicモデル、アルミニウムのヒレのような形状のデザインによって熱を散らします。Modularモデル、空気の通りを良くして冷やします。Starモデル、アルミニウムではなく合成素材を使うことで、他の2モデルよりも軽量化されています。

 Ledoデザインの電球ならば330度明るく照らすことができ、11ワットの電力で60ワットの白熱電球とほぼ同じ明るさになります。
値段等詳細はまだわかりませんが、きっと高いのでしょうね。しかし、Ledo LED電球の寿命はなんと80年! この寿命だと電球を取り替えるのは、人生で1度あるかないかってなりますね。電球交換が、一大イベントになりますよ。

話の続きは下記URLより!!

http://morinoishimatu.blog97.fc2.com/
posted by マンハッタン at 10:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恋人が欲しければデコログへ!大人気のデコログを徹底解説!若い女性に絶大な人気を誇るデコログであなたの理想の恋人を見つけましょう!これからデコログを始めようと迷っている人はココをチェック!
Posted by デコログ at 2011年11月27日 06:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。